PredictionGeeks (beta)​

PredictionGeeks(現在β版)は、ユーザーの予測を独自のアルゴリズムで集約し、未来の様々な出来事についての予測を提供します。ユーザーは予測を行うと同時に予測理由などをシェアすることができます。

予測トピックは多岐に渡り、政治経済テクノロジー学問etcさまざまな予測を行います。他では絶対に手に入らない情報がここにはあります。

​​(PCでの閲覧推奨)

Image.jpg

なぜPredictionGeeksか?

選挙結果や技術の興隆など、社会的な出来事の顛末を予測することは社会的に非常に重要です。将来何が起こるかを予測することによって、意思決定の効率化を図ることができます。選挙結果の予測をすることによって、例えば今後増税が行われるか否かを高い確度で判断することができ、それによって個人は消費判断、企業は投資判断等を効率的に行うことができます。しかし、過去のデータからのみ予測することは技術的に限界があるし、専門家による予測もばらつきがあるうえ精度が高いとは言えません。我々はここに個人・企業、ひいては社会全体に課題があると考えています。集合知というソリューションで、有益な予測・議論を提供し、社会に資することを目指しています。


情報通信技術が発達し、多くのニュースやメディアに触れることができるようになった現代社会において、フェイクニュースとフィルターバブルが大きな問題になっています。ニュースに関して自分で考えることなく、他人の意見をそのまま受け止めてしまうことがフェイクニュース拡散の要因として挙げることができます。また、ユーザーが自分のみたい情報しか見れなくなるフィルターバブルという現象も深刻化しています。特に最近、多くのニュースサイトではAI等を用いることでパーソナライズを行っており、この現象は今後さらに深刻化していくと考えられます。我々はそのような現状に対して、予測が一つの解決策・緩和策になるのではないかと考えています。予測という行為は、学びを伴う主体的な行為です。より良い予測を行うためには、他人の意見をそのまま受け入れるのではなく、それらを解釈し他のデータや情報と組み合わせて推論を行う必要があります。さらに、予測に有益な情報を獲得するために、自分からバブルの外側を訪れるインセンティブが生まれます。つまり、予測をすることによって情報を受動的に受け入れるのではなく、主体的に情報獲得・思考することとなり、フェイクニュースやフィルターバブルなどに対して頑健な社会にすることができると考えられます。ユーザー個人の観点からすると、予測をすることによってニュースに対する洞察力が養われるとともに、自分のまだ知らない興味深い物事を知ることが期待できます。

​3つの特徴

​集合知による予測

​​各ユーザーの予測を独自のアルゴリズムで集約し、予測を提供します。数学的・統計的な理論に基づいた上で、過去の予測成績などを反映することによって単純な平均などより正確な予測をリアルタイムで提供します。

​予測の結果をフィードバック

​ユーザーの予測精度をスコアという形で評価します。「予測がどのくらい当たっていたか」と「他ユーザーに比べてどのくらい良かったか」を評価します。フィードバックにより予測スキルを向上させることができます。

​予測の理由や情報を共有

​​予測に使用する情報や予測の理由をユーザー間でシェアすることができます。適切なインセンティブ設計により、ユーザー間のコミュニケーションを促し、より質の高い集合知予測の提供・ユーザー体験の創出を目指します

​​株式会社Crop

©2020 by Crop inc.